« 2014年2月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年3月

2014年3月24日 (月)

定食屋

「タンメン」と「五目そば」のメニューがある店でいつも悩む。
いちいち聞くのが煩わしい。
忙しそうなおばちゃんに嫌な顔をされるかもしれないと怯える。
(優しそうな人を選んで聞いたり)

最近は聞かなくても覚えた。

「タンメン」は細かく刻んだ野菜と肉が載った塩そば、

「五目そば」はそこにゆで玉子とチャーシューが載ったもの。

五目そばはタンメンより100円くらい高い。

でも定食屋に細やかな心配りを求めるのも筋違いなような気がしてきた。

細やかな心配り、と言っても昨今マニュアル化と勘違いされがちだし(マニュアル化は明確なクレームを最大公約数分減らすためのものだし)、つまらん。

今タンメンを食べて出てきた訳だが、今日もその店の娘(婿をとって代替わりしている風、石原真理子似のアニメ声30~40代)にされた嫌がらせを思い出す。

一人ならこっちの席に座れ、
水はセルフで取りに行け(知ってたけど捻挫して足が痛いから言ってるのに…)、
いつもながら、さもありがたくなさそうにおん出される。

感じわるいなー。
でもここのタンメン美味しいんだよね。

定食屋は無愛想でもいいや、無愛想はマニュアルより人間的だと思えてきた。(思うことにする。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年11月 »