« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

映画

最近全然書いてないぞ。

あとでまとめるにして、
ちょこちょこかいとこ。

『ゆれる』
『ポネット』
『Dear Doctor』
『忍びの者』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

森永ホットケーキミックス及びパンケーキミックス

調べたところ安全だとわかったので、(日本原産のものは食塩のみ)
これと煎り糠、レーズンなんかを入れ、
豆乳で混ぜて炊飯器にいれます。

安全な米ぬかがなければ、なくていいです。

炊飯器で早炊き二回。
そうすると表面がかんぜんに乾くので、
裏表をひっくり返してもう一回早炊き。

Photo


2


甘味の少ない方がいいというかたはパンケーキミックスを。

なにしろ炊飯器でできるので、簡単中の簡単です♪
ナッツやバナナなんかを入れるとカルシウムやカリウムがとれて抗放射能食としてもgoo!

おっと、米ぬかの代わりにおからを入れたら…


ちょっとやってみますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

郡山市議会に行ってみた

大体市議会がどんなところでどんなふうになされるかなんて考えたこともなかったんですね。
国会中継みたいなのが市議でもあればいいのにね、なんてバカなセリフを言ったら夫に「あるし傍聴できる」と教えてもらいました。

バカですが、覚えたので次に進みます。

まず市議会は3の倍数月に行われるそうで、
市議会議員が国会議員のようにあらかじめ質問事項を提出し、
各議員15分発言に使われる。
答弁はカウントされないが、はじめの質問読み上げもその15分に含まれるので、
実質半分位の7~8分で再質問が行われる。

まー市議会議員の質問に「当局」とやらはのらくらのらくら答えるもんです。

市長さん。
パブコメで示された「0シナリオ、15シナリオ、20~25シナリオ市長はどれを選びますか?」
という質問に、
「さっき言ったのと同じですから再度明言しません。国の今後の動きを注視します」
さっき大したこと言ってなかったけどどの部分?

ツッコミどころは満載なんだけど、
「●●について××に返答を求めているところで、ガンガン攻めたるで」
「そのアイデアいただき!すぐやりましょう!」
的なことは全くなし。

「やってます。これ以上必要なし」
「国の対応を注視していきたい」

注視してどうすんのよ。
日和見ってことでしょ?
カッコ悪いおじいたちだよ。

まったく時間稼ぎばっかしやがって。

例えばいじめの問題で、議員が年度別に3年分、いじめの件数を小中学生別で示せという問いに対して
「●年、小学校2件、中学校40数件(私のど忘れ)。○年、小学校2件、中学校40数件、◎年小学校2件、中学校20数件。」

うそだろ。
断じるだけのデータはないけど、いじめがそれしかないなんてありえない。

「スクールカウンセラーの増員は必要ではないか」という問いに対して
「まず生徒との窓口になるのは担任教員と養護教員なので、そこへ力を注いでいく」

ばかじゃないの?
あ、失礼。
でもいじめがそんなことで減るならもうとっくになくなってるでしょ。
いじめなんかそんな簡単な問題じゃないし、それで深いトラウマを負うことにだってなる。
本気でやるきなんかないんだろよ。

その数にはおそらく頑張って「いじめられている」とアンケートに書いた子供の一票がなかったことにされている死票があるのではないかと思ってしまうんだよね。

私は思ってるよ。
先生だって生徒や学生の言動によって深く傷を負うってことを。
今放射能の問題でマスク着用や被曝への配慮を全面に押し出せない空気は厳然とある。

私は平気でマスクもするし食べ物もうちの線引きで気をつけてる。
「先生、なんでマスクしてんの?」
「あ、先生放射能きにしてるんだっけ?」
「マスクは効果ないんだってよ」
「先生、俺たちがしてないのに自分だけすんの?」

あたしゃちゃぶ台ひっくり返して言った奴全員にオリャオリャオリャと愛のムチをくれようかと思いましたよ。
過去4学年にそれを伝えてきました。
あんたたちにどれほど言ってきたかおもいだしてみろよ。
聴きたくないならせめて私が好きなようにすることくらいほっといてくれ。

・・・

うーん・・・

でもね、先生だからそんなんじゃいかん。
この子らは違った教育を受けている。
私の付け焼刃な話じゃ太刀打ちできないくらい根強く、
「いやなことは考えされられたくない」ように教育されてきてるんだ。
それぞれに辛い体験をして、早く今まで通りの生活をしたいし、それを否定されるのがいやなんだと。
ちょっとでも受け入れたら茨の道が待っているから。
それを思うと再び心は闇へ。。
うん、わかるよその気持ち。
でも一番正直なところは心が折れたということ。
自分も責めるけどそれにも疲れてしまった。

仕事だからやるし、学生も好きです。
でもどうしてもそこを理解しようとしてくれる子がいない。
良くて
「先生、気にしすぎてもストレス溜まって具合悪くなりますよ!(ニコっ!」
とかね。
それはなきにしもあらずだから「ありがとう!(ニコニコ!」
と返しました。

とにかく私ですら大変に傷つきます。
マジョリティの勝利です。
その時の彼らに恐怖さえ感じます。

私はいじめられてると騒ぎたいのではありません。
先生が数十人のなかの一人の私ですら何かしら疲弊してるのだ。
市内全部で小学校2件?中学校40数件?
それはない!
ない!
おそらく小中学生だけでなくその先生たちだって疲弊してるはず。
放射能ひとつとっても学校がどう対応するかでそこに疑問をもったら茨の道。
感じなくたって遠足ひとつ、プールひとつに親や市民の関心が注がれる。
事件があれば罪なき先生も変態扱い。

とにかく真面目にやってないんだ、当局ってやつは。
あー腹が立つ。
近々もう一回ちゃらい格好で傍聴に行ってみるつもり。

それにしても、今日傍聴席に座ったら明らかに一般のおじ(い)さまに資料を頂いたんだが、常連さんだろか?
市役所の人にもらうんだったらわかるんだけど。

ま、いっかそこは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »