« 驚きの緑茶ふりかけ | トップページ | 嬉しいことがあって、シャボシャボシャボン玉。 »

2012年5月11日 (金)

2012/5月の映画鑑賞ノート

『サラエボの花』

『あさま山荘』

|

« 驚きの緑茶ふりかけ | トップページ | 嬉しいことがあって、シャボシャボシャボン玉。 »

コメント

『ちゃんと伝える』園子音監督

投稿: sawara | 2012年5月29日 (火) 03時58分

『中国女』
どーしてこの時代は若者にこーゆー思想が受けたのか。
学びたいことのひとつ。

投稿: sawara | 2012年5月24日 (木) 00時58分

『善きひとのためのソナタ』
美しいものがひとの心を変える、そんな美しく悲しく希望に満ちた映画。
素晴らしかった。

投稿: sawara | 2012年5月21日 (月) 02時40分

『イブラハムおじさんとコーランの花たち』

ことばにならない…(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: sawara | 2012年5月19日 (土) 05時08分

『The COVE』
いるかはかわいいしかしこい。
よくわかる。
鯨は日本人は捨てるとこがないくらい利用してきた。
確か浄瑠璃にもつかわれてたはず。
それを鯨油にしか使わないやつらもいるというのに、まったく独善的だ。
でもいるか肉を鯨肉としてうるのはいけないな。

ひとんんとこの食文化を非難するなんて下卑た行為だ。
韓国では犬肉用の牧場があって、鶏舎と何が違うの?っていわれたらだまる。
日本人が食器をもって食事をするのはほぼ世界中で無作法。
『すする』なんてもってのほか。
中国人は四つ足だったらテーブル以外なんでも食べるとかいう。

命をいただくことに感謝して、普段食べてる豚や牛とせいかつしてみろ。
愛情がうつらんか??


投稿: sawara | 2012年5月15日 (火) 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/45223929

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/5月の映画鑑賞ノート:

« 驚きの緑茶ふりかけ | トップページ | 嬉しいことがあって、シャボシャボシャボン玉。 »