« 2012/3月の読書ノート | トップページ | 強風に怯える夜 »

2012年4月 4日 (水)

2012/4月の読書ノート

『炭鉱太郎が来た道 地下に眠る近代日本の記憶』
七尾和晃著

文章が少々回りくどくて読みにくさは感じてしまったけれど、
大変な時間と労力のかかったルポだと思いました。
エネルギー転換のゴテゴテぶりは今の方が尚悪い。
やっぱり人間は歴史からは学ばないんだろうか。

|

« 2012/3月の読書ノート | トップページ | 強風に怯える夜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『冒険の国』
桐野夏生著

読むものの下世話さを引きずり出す天才だ。

投稿: sawara | 2012年4月18日 (水) 14時21分

『鷲』
岡本綺堂著

綺堂さんは出会えて幸せな作家さんの一人。
愛してやまない。

投稿: sawara | 2012年4月12日 (木) 06時24分

『ハーモニー』
伊藤計劃(いとうけいかく)著

34歳で夭逝した著者。
もっと書いてほしかった。

投稿: sawara | 2012年4月 5日 (木) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/44746331

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/4月の読書ノート:

« 2012/3月の読書ノート | トップページ | 強風に怯える夜 »