« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月24日 (火)

どんどん出していこう! 

ネットからひっぱってきたソースを自分の知識に肉付けしてみます。
参考になればうれしいです。


【放射能対策の作用効果】

①デトックス系(排出促進)

1)食品からデトックス

野菜には全般的にデトックス効果があります。
ほうれん草、ゴボウ、キャベツ、アスパラガス、トマト、にんじん、ニラ、パセリ、ブロッコリー、ねぎ、たまねぎ、小松菜、大根、きのこ・・
上手に産地などを選びながら意識的にとりましょう。

果物ではスイカ、オレンジ、アボガドやグレープフルーツなど。
特に注目されているのはりんごペクチンがセシウム137を捕まえて出してくれるという効果。
ただし、新鮮なものに効果があります。

にも意外に効果があります。
ただし牛と鶏はなし、豚肉と内臓にデトックス効果があります。
ただし食べすぎと産地には気をつけます。
スーパーで産地を聞く手間を忘れないようにしてください。
内臓などは毒素が貯まりやすい部分なので、新鮮で遠いところのものがこのましいでしょう。


2)岩盤浴でデトックス
もっとも効果が早くでる方法です。
ただ血液どろどろの人はまずなるべくさらさらにしてからにしてください。(食生活が偏っている人は対象者かも)
そうでないと汗をかきにくく逆効果になることもあります。

普段からたまねぎや納豆など意識的に摂り、短時間ずつ試すのがいいです。
そうするといつしか毛穴の栓が抜けたかのように汗が吹き出てきます。
この汗はミネラル分を体内に残したいわゆる毒素のみの汗なので、あがってもさっぱりして疲労感がありません。
触った感じがさらさらで、普通のべたっとした汗でないのが不思議です。

遠赤外線によって体が一律にしっかり温まると、肝臓などの内部器官もしっかり働くようになり、自律神経、ホルモン系も安定した働きをするようになり、代謝が非常に良くなります。
痩せやすい体に。

※岩盤浴グーチョキパー
http://gu1.co.jp/


②栄養学系(セシウムやストロンチウムの摂り込み予防)カリウムやカルシウムを摂る。

カリウムが多く含まれている食物は、上から
パセリ、豆味噌、ヨモギ、こんぶの佃煮、ひきわり納豆、ほうれん草生、ゆりね、納豆、・・
一般的な食材だけ取り出すとその後に
大和いも、ゆで大豆、乾燥した海草も豊富にふくまれているようです。


カルシウムの多い食品は、

ケシ(え?)、ヒジキ(乾)、ゴマ、ワカメ(素干し)、昆布(素干し)、海苔、小松菜、春菊など
桜えび(素干し)、プロセスチーズ、ワカサギ、シシャモ、ウナギ、貝類、いわしなど


③活性酸素中和系(抗酸化作用)

緑黄色野菜・ビタミン類摂取。

こりゃ読んで字の如し。

ここで非常にだいじなこと。

水をたくさん摂る事。
どんなに体がデトックスしようとしても、流れていかなければ意味がありません。
水なら1.5リットルが適正だそう。
モデルさんは2リットル飲みます。

水はそんなに飲めないという方は、お茶。
ローズヒップティやタンポポ茶など特に効果があるものもあれど、普段家で飲んでいる緑茶や麦茶などを上手に活用する。
お茶には水よりも、それ自体にデトックス効果がある。
せっせと飲んでトイレにしょっちゅう行く!


①のデトックスはもっとも自発的な方法。
1.食べ物でデトックス
2.運動で脂肪燃焼によるデトックス
3.岩盤浴でデトックス
などさまざまありますが、すべてに必要なのは水です。

スポーツジムでしょっちゅう水分を摂るように指示されるのを思えばわかりやすいです。


*********************************************

今日はやなものを見ました。
ごめんね、書くよ。
「福島の食物、三食合計4ベクレル。(平均)」

がっかりしたよ。。。
うちは相当気をつけてるから!とか思っても、きっと発表はすくなめなんでしょ。4ベクレルもさ・・

「放射能の影響が出るのは3年後がピーク」

周りで、または自分が突然死するかもしれない。
白血病になるかもしれない。
癌になるかもしれない。

こんなこと一ヶ月前には口に出して言えなかった。
生木を裂かれるように辛く重いことだ。

だから一生懸命食べ物の産地に気を使って頑張ってじたばた生きていかないとね。

今日は悔しくて意地で調べながら書きました。
出すことを考えることしかない。


それはそうと、どっかに仕置人いない?
みんなでお金出し合って頼まない?
まずだれかなーひっひっひ・・・

楽には死なすわけにゃーいくまい・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

祖母が亡くなった

日曜日、実家から連絡があった。
風邪真っ只中でかけつけられなかった。
91歳だった。

母方の祖母は実家から車で20分くらいのところに住んでいて、
そこには母の弟が長男として残り、今は叔父の長男も帰ってきて子供もいるという四世代家族。

祖母はちょっと個性的な人だった。
そして不思議なことに、会うたびに若く綺麗になる(母もそう言っていた)。
90になっても80代にもちょっとどうかというほど、色白ですべすべ。
華やぐ、というより、静かに朝があけていくような。
私が褒めると否定するでもなく『ふふふ(^-^)』と喜んでくれた。


私は外孫なので父方の祖父母より遠い存在だったが、
大人になってから帰省の際はできるだけ会いに行った。
ちょっと変わった祖母にちょっかいを出してお話をしたかったのだ。

祖母は自宅から一泊も外出できない性質で、
会いに行けば必ず元気にうちにいた。

あの家に行っても、もう祖母に会えないんだなあとよぎると急に実感がわいた。
もうこれでおじいさん、おばあさんと呼べる人が一人もいなくなってしまった。
日曜日の母の留守電は今も聞けぬまま見ぬふりをしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

苔(こけ)

火曜日から外出なし、お日さまにも当たらず。
とても体調が悪い→食欲ない→薬ばかり飲む→口内炎痛し→食べたくない→薬ばかり飲む→口内炎増える→薬減らす→体調が悪い→食欲ない
という負のスパイラル。

ただ心臓が動いてる、というかんじ。

一人だと本を読むか寝ているか。
夫が帰ってこなかったらなんにも食べまい。
昨日お風呂でシャンプーしていたら、腕がダルくてダルくて両ひじを膝について(絶望スタイル)でないと腕の筋力がもたない。

欲望というのがなくて、さらさらながれる春の小川のよう。

早く人間に 戻らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

2012/1月の読書ノート

短編を半端に読み読みで、ようやく一冊単位で読めました。

『ピョンヤンの夏休み』
柳美里著

『馬鹿でよかった』
久住昌之著

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

2012/1月の映画鑑賞ノート

『ゲロッパ』

『マジックアワー』

『真夜中の弥次さん喜多さん』

『誰も知らない』

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

2012年を迎えて

新年明けまして2012年です。

この年末年始は郡山でふだんの休みの日とかわりなく、だらだらとすごしました。
一休さんも言ってました。

門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
有ろじより 無ろじへ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け

善きにしろ悪きにしろ、去年ほど生きていることを感じた年はありませんでした。
尻蒼き大無知的若者時代から
「人生とは瞬間の選択の重なりだ」
などと尻蒼き大無知的なことを言っていたのがたまらなく恥ずかしい。

極端な話だけど、これまで生きていると実感したことが何回あるか。
一秒で一回だとしたら、一日に24×60×60=86400回。
一年で86400×365=315360回。
そんなに実感ばかりしていたらなにも手につかないから、
一週間に一回として一年に365÷7=52.142・・・まあ52回。
ないね。
ないない。

実感すればいいってことじゃないけど、選択はしなきゃいけない。
去年の3/11からどれだけの物事をえらんできただろう。
まずは食べ物。
各自の放射線対策。
情報。

選ぶことは考えることだから、主体的なことなわけで、
政府がなんと言ったか、市町村長がなんと言った、友達がなんと言った、
そういうことに頼っていてはいけなかったということが痛いほどわかったということ。

特にテレビや新聞なんかのマスコミはほんとのことを言わないということもわかったし、
(それ以前にテレビも嫌いだし新聞も読まなかったし、取捨選択はおろか参考にもしていなかった)
政治にも無関心だった。

でも今は少しわかってきたぞ。
現代の日本は原始時代ではないから、人生の全責任を個人が持たなくてもいい。
政治に興味がなかったから、
選挙に行かなかったから、
だからって命の危険に晒されるなんてリスクがありすぎる。

2012年からあっちは、頭を正しく使うようにしたいと思う今日この頃です。

あ、すぐには無理ですよ、念のため。

http://www.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0


さてさて、今年最初の音楽のお楽しみは明日1/7(土)のジャズセッション@モンクスです。
新年初。
ぱーっといきましょう^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »