« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月15日 (土)

キタキタ郡山デモ!

雨もあがりそうだし、
しっかり声をあげて来ますよ!!

不平や訴えはある過ぎるほど。
だけど大きく言うと願いはひとつ。
平和がほしい。

平和って残念ながらタダじゃなかった。
『平和ボケ』の意味が痛いほどわかった。

だからしっかり取り戻したいよね。
自分たちにも責任があるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

10月の映画鑑賞ノート

『ラーメンガール』
アメリカから東京在住の彼氏を追いかけてきた金髪美人が彼にあっけなく振られる。
部屋のベランダから見えるラーメン屋で食べた一杯のラーメンで、彼女の人生が変わる。

ラーメン屋の頑固オヤジは西田敏行。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

福島県はいま

今日は久しぶりに学生に放射能の話をし、兄にもらった雑誌(週刊K曜日)を参考に食べ物のこれからの話をし、
『原発事故から気をつけていること』
というお題の作文を書かせようとした。

すると
『えー、なんもしてないし』
『むしろ地産地消じゃね?』
『地元の農家とかかわいそうだよね』

え!?( ;∀;)

挙げ句
学生A 『先生、もう放射能とんでないよ』
わたし『(アホか)じゃ、なんで線量が下がんないのよ』
学生B 『地面。地面。』


わたし『あ、あの…みんなほんとに何にも気をつけてないの…?』
がきめら『なんもやってない』
わたし『みんなのご両親も気にしないの?』
がきめら『しないよ』
学生C『先生はなんかやってるの?』
わたし『まず帰ったらブラシで服を…』
がきめら『え~~~~~~~~!!!!!!!』


もっとやってるよ。
そのあと汲んでおいたペットボトルの水で靴底を洗うし、
家のまわりに風呂水を水撒きするし、
卵は西の方から取り寄せしてるし、
国産肉は産地を聞いて買うし、
飲み水は買うし、
風のある日はマスクをするし、
マスクはいつも常備してるし、
洗濯物は部屋干ししてる。


でも、愕然としてしまった。
じゃそんなお題で作文なんか書けまい。
違うお題を出さなければいけないが、動揺して考えることができない。


数ヶ月前もやはり無関心だったがまだ議論の余地はあったのに。
何なんだこの豹変ぶりは。
こんなに忘れちゃうのか。

私の周りは気をつけている人が多いし、小さい子がいる友人も多い。
Twitterをみているから気をつけて当然のように思ってしまう。

でも、きっと多くの人たちが放射能をインフルエンザ以下のように考えているのだ。
私は放射能と同じくらい学生の無関心が恐ろしかった。
ちょっとトラウマになりそうなくらい、
背筋がゾクゾクとした。しばらく忘れられないだろう。。


ちなみに、今日のお題は
『これまでで一番努力したこと』でした\(__)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

10月の読書ノート

『顔にふりかかる雨』
桐野夏生 著

この方の本を読み始めるとなにもしたくなくなる。
麻薬だ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »