« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

わしゃしらん

311のゴタゴタで不倫の恋をしてしまって、
どーしたらいー???
という相談をされたので、やめときなさいと言ってしばらく音沙汰なし。

まあ、そのときはわかったそうする!!とは言っていたが、
ああ、はまったなと思っていたら連絡がきた。

『やっぱりな』
『頑張ったけどだめだった』
『悪者になれないんでしょ』
『いや、すごい頑張った』
『頑張ってないね』
『もしどうしてもダメなら応援してくれる?』
『しません。欲しがっちゃいけないのに欲しいなら、なんかを捨てなさい』
『どうしても?』
『どうしても。だいたいあなたの話しか聞いてないし。』
『わかった。十数年間お世話になりました。ほんとにごめんなさい』
『身体には気を付けなよ。』
『何でそんなにアッサリしてんの!?』
『もうなんもいうことないじゃん。』
『わかりました。ねえさん、ほんとにごめんなさい。』
『うん。じゃあね。元気でね。』
『はい。ほんとにありがとうございました。』

頭から
不倫はいかん!!とか覚醒剤いかん!!
あ、覚醒剤は良くないか。
自分がそういう道徳的なことを若者に相談されるのに適した人間だろうかと疑問だけど、
『ダメだ』と思っていることを人にどうにか背中を押してもらおうという前提でマジメに相談に乗るのは徒労だなあと思う。

いつ終わるともわからぬ愚痴、あるいはオノロケや自慢話を聞かされるのとおなじだ。


自分で答えはわかってる。
でもできない。

だから人に頼る。

私にはそういう類いの弱さはない。
だけど、人ちゅうものは厄介なもんだ。
人生自分のバランスをとるのにどれだけ時間を使うものかと思うと気が遠くなる。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

8月の読書ノート

青空文庫に慣れてしまい、『一冊読まないのに書くのはなんとなく卑怯な気がする…』
と思い、紙の本だけとりあえず書きます。

『自分の木の下で』大江健三郎著
やっぱりノーベル賞作家は子ども時代から違うもんだ。
四国の田舎に生まれ、戦中戦後の教師の豹変に対しても騒がず責めず冷静に

『自分で考え信じたことを拠り所にしよう』

と、ひとりで独自の(そして独特の)学び方をさっさとあみだしてしまう。

すごいよね~、
普通のがきんちょなら
『先生は前こう言ったもん。だからやりましたぁ~( ̄^ ̄)』
とか反抗するだろうし、
大人だって混乱したはずだ。

この本は子どもたちに向けた公演などもふくんでおり、
易しい筆致で書かれている。
でも読み終えるのにすごく時間がかかった。

一文一文が易しいのにとても大切に頭に書き込みたくなるから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

8月の映画鑑賞ノート

今月はYouTubeで『江』の最初の方を見れてなかったのを何話か苦労して探したとこから始まって、
以前見た『刑事の血』1~3を見た。
その流れで、気になっていたけど見れなかった『銭ゲバ』を探してもらい、三話まで見た。
(見れなかった理由は簡単だった。放送日が土曜日(^_^)/□☆□\(^_^))

いやージョージ秋山。
ついはまっちゃって翌日
大人借り!!
あー暗くて暗くて…っていうか、最近の映画やドラマってデジャヴュかと思うほどおんなじひとが出てておももしろい。
つまり売り出し中ってことなんですな。
柄本明の息子ね。
なに見ても出てる。

で、昨日は勢い余って二人とも出遅れた、『20世紀少年1~3』。
原作は読んでいたけど、どうなんだろ、評判が一切耳に入ってこなかったずら。

あとはカムイ外伝。
やっぱりちゃんと描けない時代の暗闇がなくてあれだったけど、豪州人とか喜ぶ気がする(笑)

テレビに無頓着な私に対して『は?そんな基本的な映画みてないんかい?!』
という夫のために『男はつらいよ・1』。
最後は完全に私の趣味。
『るにん』
江戸時代後期の実話で、罪を犯した花魁が八丈島の流人となり…
これが、花魁役が松坂慶子、あとその隣に原田芳男の名!!

さてさて、今日はどれだけみれるかな♪(・∀・)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

夏休みと増税

みなさん、特にお子さんがいるおうちは、くうきのきれいな所で謳歌している方も多いみたいですね♪
思いっきり解放感を味わって深呼吸して欲しいなあと思います。


斯く言ううちは、両方の実家にホットスポットがあり、今年は里帰りはやめようといいつつ、全くの無計画状態。。
夫の夏休みは土曜日から・・・って明後日か( ̄▽ ̄)

いっそどこかへ行ったつもりで郡山で豪遊するっていうのもありかな。
もうなんか考えるのがめんどくさい。

ところで話はかわりますが、「パチンコ税」。
たまにはいいこと考えるじゃんと思っていたらやっぱり頓挫か。
東電が万歳して倒産するのがいいと一番いいと思うけどそんな男気あるわけないし、
あ、スケベな店の「スケベ税」ってどうかな。
まさか「スケベ税」じゃあけすけだから、うーん・・「おさわり税」・・・だめだな、
「風俗税」。
これだ!
風俗税を年間いくら払ったと家計簿に書けるだろうか。
旦那様、もしくは奥様のへそくりで賄われる風俗税。


人々の劣情が政府への怒りに変わる。
そして革命が起こり、日本は本当の民主主義を勝ち得るのだ!!


あーあ、今日も暑いですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

書くことと話すこと、

こう見えて私は話しベタです。
意外に思うかたも多いかもですね。

それに比較して、手紙やハガキを書くのは苦労がすくないです。

最近よく喋っている自分が妙に気持ち悪く、重たい気持ちになることもしばし…

言葉はつたわらなければいみがない。

最近何年も悩んだ末に正直な気持ちを、
大好きな人に伝えた。

あーあ、、
なんて不器用なんだろ。

いつも戦って、勝負に勝っても試合に負ける。

なるたけ人を傷つけないように、かつ自分の苦しみを伝えること。。

やれやれ、寝るか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »