« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月22日 (金)

お風呂の水

ただ捨てたらもったいないんだとわかった。

お風呂の残り水を全部使う。
トイレに使い、水まき(玄関やアパートのエントランスなど、堆積した放射能物質を流す)に使う。
洗面台掃除に使う。
歯磨きや洗顔中は水を流さない。
シャワー使わないときは止めるか浴槽に入れる。


みんな使ったら、今日はお湯に浸かろう!!
と思う。


今浴槽に湯を貯めに行ったら、お風呂一杯に180リットル入るの?


もったいないことしてたなぁ。

でも知ってますか?
何年か前、郡山の水道代が上がりました。
なぜか…

(答)みんながたくさん水を使わないから。ペーソス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

人の○○を自分の手柄にする件~放射能物質水でぶち流すの巻

図らずも昨日そんなご指摘を受けちゃいました。


いい機会を戴いたのでもう一度言いますが、カネヒロ通信とR子ちゃん通信は、友人として誇らしく思い、なるべく多くの方に知って戴けるよう拡散のお手伝いをしています。


そもそも私たちは宮城県仙台市の高校の同級生です。
R子ちゃんやR子ちゃんたちの活動の拡散を依頼してくれたT子ちゃんは東京在住、私は福島県郡山市在住です。


一緒に活動に参加できないので、紹介だけさせて戴いていますが、これからも連絡もらえばすぐに転載するつもりです。


本題なんですけど、
っていうかかなりずれるっていうか違う話かなもうすでに。

人のやったこと、言ったこと、ギャグ、ネタ、ネーミング、そういうの自分の手柄にするの平気な人いますよね。


悪気がない人は困るな~。


盗まれた方は、ちっちゃい人間だと思われたくないもんだから、いいタイミングに恵まれないと指摘できないんです(◎´∀`)ノ。

私これは軽犯罪だと思ってます(笑)


人のギャグや名言でみんなが笑ったり感心したら(しなくても)、絶対発信元は明言する。
これは私の中の法のひとつです。


思い当たる方、ちっちゃいストレス人に与えてますからね、
気をつけてください( ´,_ゝ`)

またも話はずれますが、

今日は武田先生が放射性物質は下にたまるから床掃除をしろというので、ガンガン拭いた。
玄関もジャンジャン水をぶっかけて掃きまくり、それでも飽きたらず外もバシャバシャ水ぶっかけまくってながしてくれた!


ざまみろ放射性物質!

今節水の癖がついて、トイレや洗面所、風呂掃除には風呂水を使っている。
今までただ捨てていた水をたくさん利用できるのって、なんだかうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

カネヒロ通信 4/14

こんばんは。

カネヒロより食料品の急募のお知らせです。
以下HPから添付いたします。


皆様、たくさんのご支援いただきありがとうございます。
このたび、またお力をお貸しいただきたく存じます。

先ほど、いわき市の議員の方から、カネヒロの活動を聞きつけて、支援要請の連絡が入りました。
やはり、在宅の方の食料が足りないとのことで、緊急に集めたいと思います。

また、炊き出しの準備もあわせて開始しました。
地元の炊き出しボランティアの方々が疲労などで病気になり、倒れ始めているという過酷な状況の
お話も聞こえてきました。

これからが、本当に大変な時期だと思います。
今一度、ご協力お願いいたします。

今回は、食料品のみお願いいたします。

水、レトルト、缶きり不要の缶づめ、日持ちする根菜などの野菜、乾物、調味料、味噌など。


8箇所の避難所にお届けするものと、在宅の方にお届けするものです。
新品、未開封のものをお願いいたします。

集める期間は4月20日水曜日までです。

カネヒロ倉庫までお願いいたします。

宅急便以外、倉庫に持ち込みされるかたは、午後1時から8時までの間にお願い致します。

新宿区西新宿5-10-11

わからないことがございましたらメールにてご質問ください。

tohoku-kanehiro@salcorp.jp

皆様のご協力よろしくお願いいたします。


HP


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

テレビを見ていたら無性に腹が立った!

テレビを見てたら八戸の避難所に高校生がわんさか行って、チアリーディングや吹奏楽、よさこいで避難民を励ましていた。
子どもたちは手を叩いて、大人も目が離せない様子、ばあちゃんもケラケラわらって大喜び。

ああいうものは自己満じゃない
だから素晴らしい。


一方。
郡山は仮にも
楽都郡山」なんつってやってる。
これで少なくないお金が動いてるのも確か。


あたしゃ急に腹が立って市役所に電話した。


私「郡山市は楽都こおりやまとして銘打っていますよね。」

役人「はい、その通りです。」

私「高校生などの合唱や吹奏楽やダンスなど、避難所へ応援に駆け付けるようなことはなにかしているのでしょうか?」

役人「えー・・今のところ。。フォークソングの方が何箇所か回っていらっしゃるということはございます」

私「インザウインドさんですね。」

役所「もうしわけありません、お名前まではちょと・・」

私「そういう個人の活動もとても素晴らしいと思いますし、頭が下がります。でも若い子たちが大勢でニコニコやって来て一生懸命応援してくれるというのは、被災者の方にとってジャンルを問わず、心に力をもらえることではないでしょうか?」

役人「そうですね、早急に話を上げます」

私「ここでのお話だけにしていただきたくないので、実施予定や結果は必ず市役所のホームページなどに掲載してください。」

役人「わかりました。非常に参考になりました!」


まあ、どの程度のご理解を戴いたのか、
または、その方だけ理解してくださったのか、
ここから先はわからない。


「楽都こおりやま」
重(軽じゃない)音楽を大切に大切に育ててきた郡山。


いままでこんたらことも思いつかなかった、楽都こおりやま。


他にも音楽でボランティアに参加した人はもっといるはずだ。
その名が出なかった楽都郡山。
しかもたったひと組の名前も覚えていない広報。


期待しています。
楽都こおりやまさん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

献血に行こうと思って

電話してみたら、まだ始まってない。

通常の献血センターは4/18~
献血移動バス始動は5/1~


理由は、まだ安全を確認できないからとのこと。

あんぜん?

被害妄想がむくむく起き上がって来る。


私「どういうでの安全意味ですか?」
係員「まだ余震も強いので、献血作業が安心してできない状況という意味です」

思い切って聞いてみた。
「献血が再開始された場合、福島県人の血液はきちんと利用していただけるんでしょうか?」


答。
「危険な作業をされている方でない一般の方の血液はありがたく利用させていただきます」


・危険な作業をされている方
・一般の方


あとはもうなにも言いたくなくなりました。

追伸: 同様に、震度の高い地震の回数の多い茨城県では通常に稼働しています。
宮城県はセンターが20階などで、福島県と同様の理由だとの回答。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011年4月11日 (月)

カネヒロ通信・R子ちゃん通信

【カネヒロ通信】


おはようございます。

カネヒロでは先日、民生委員の方と話し、その地域での在宅の動けない方への物資が、水とレンジでチンのご飯のみと知りました。
そこで8日、段ボール10箱分の美味しいおかずを宅配便で送り、民生委員の方を通してお渡しすることになりました。

皆様のご協力により、トータルにしてトラック容量約35トン分の物資を、今まで被災地へお届けしてきました。
ただいま物資のご協力は一時ストップしておりますが、今後もこのようなピンポイントの支援は続けて行きます。
ご協力を願うこともあるかと思いますので、義援金と合わせよろしくお願い致します。

HP


*************************************************************************
【R子ちゃん通信】


ここからは私事になりますが、お話をさせて頂きたく思います。

私の母は昨年12月に亡くなりました。
以前打った頭の手術で1週間程で退院できるはずが、術後意識がはっきりせず4日後に逝きました。
生前母は、宮城県の那智が丘というところに住んでいました。
幸いにも地震の被害の少ない地域です。

私は、今誰も住んでいない母の家を、被災された方へ貸したいと考えていました。

被害の激しい地域に住む友人への問いかけでは、
周りではもっと大変な人が沢山いるから、皆と頑張るから大丈夫
との答えでした。

そんな折り、母の近所に住む叔母から、家を貸りたい方がいる、との話が持ち上がり、私も姉も喜んでお貸しすることになりました。

避難所で生活するそのご家族は、幸い皆ご無事でした。
奥さんは、車に子供を乗せ逃げる途中、車を乗り捨てたことで、なんとか難を逃れたそうです。

母は今回の地震を経験せず逝きました。
最近では、体の自由もあまり利かなくなっていた母には、これで良かったのかもと身内で話しています。
これも母の運命だったのではと感じています。

けれど、このような形で母親が、この悲しい事態に協力できたことを、とても嬉しく誇らしく思います。


私事で申し訳ありませんが、お読み頂き感謝しています。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

義援金の行方

わたしは世の中のことを恥ずかしいくらいしらなかったりします。


甲子園の選手(チーム)とかボクサーとかの
・攻撃力
・スタミナ
・防御力
なんかを表すグラフがあるでしょ?
ど忘れしたあのグラフの名前。


あれが極端な形で、とても円に近い人間じゃないんですが、そんなおバカさんでも心配があります。

台湾から100億円とか、ゴルフの立派な坊が何億とか、孫さんが巨額のなんぼ、ジャッキーがなんぼと、
莫大なお金が集まります。(心から感謝)


それなんですが、そんな大金を渡す相手、みなさん選ぶんでしょうか?


おバカなわたしだったらですよ。
渡す先(自治体とか)と使い道、結果などまで報・連・相をさせてもいいんじゃないかと。

じゃなきゃ、例えば私が一兆円日赤に渡したお金が、全部みんな不要だと言ってる子ども手当てに回されるかもしれないし、
ベリーショートの小遣いになるかもしれないし、
東電の補償金としてそっくりスライドするかもだし、


大金持ちはそんなこと気にしないのかな?


っていうか、たくさんの募金、義援金をくださる皆さんに、渡したお金の行方まで見届けてもらうことはできないんでしょうか?


本当にお金を必要としている被災地、それはすべての被災地です。


だけど、命の火が弱まっているところから。

どうか間違っていたらおしえてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

3/30に引き続き

友人のR子ちゃん(お姫様のような人lovely)の旦那さまとお友達が、
トラックでがんがん物資を被災地に運んでいる話を書きました。

これから「カネヒロ通信」、または「R子ちゃん通信」として、
しばらく戴いたメールを転載させて戴くことにしました。


≪4/3 カネヒロ通信≫
おはようございます。

●明日の宮城県で行われます、炊き出しや物資支援へのご協力、大変ありがとうございます。

今回は、皆様からお預かりした物資と共に、有名パティシエの方々が作ってくださったケーキを1000個、某女優さんから頂いた子供用の文具とお菓子セット120個をお届けできることになりました。


●また、現場からの中継映像を下記のサイトでご覧いただけます。

今回ご協力いただいた沢山の方々に是非参加していただけたらと思います。

□ ここクリック

サイト(会議室)は4月2日朝9時よりOPENさせています。
現場の状況次第で現場から映像配信します。

*オーディエンスでの参加ですので基本的には映像をご覧になるという形での参加です。

*オーディエンスの中でお一人つづ希望の方は映像と音声で参加することもできます。
 マイクとカメラをお持ちの方は是非セットしておいてください。
 ない場合は、テキストチャットで参加できます。

*同時に50名の方が視聴できます。

以上よろしくお願いします。

HP


Twitter@kanehiromoving小さなつぶやきはこちらを利用します。

facebook
http://www.facebook.com/pages/Kanehiro/191286984235710

カネヒロ倉庫への問い合わせtohoku-kanehiro@salcorp.jp


ご協力ありがとうございます。

**********************************************
☆sawaraからの質問です。

R子ちゃんに素朴な質問です。
いろんな人が支援物資を運んで、
農林水産省のお墨付きまでもらって、現地で門前払いを受けるケースが多くみられるようです。

例1梅沢富美男キレる

例25000食の食糧破棄へ


カネヒロさんはどうしてスムーズに物資を届けられるんでしょうか?
よかったらコメント欄に教えてもらえないかな?

物資が必要なところに届かないのは国民のストレスとなっています。
是非みなさんにカネヒロさんのノウハウをおしえてあげてください。

**********************************************


≪4/3 R子ちゃん通信≫
こんにちは。
度々のメール失礼します。

今日は私の高校同級生のお話をさせてください。

彼女の実家は、宮城県亘理郡山下町です。

3月14日、このようなメールがきました。


うちは今日兄とやっと連絡がつき、実家津波で父と家は完全に流されてしまいました。今だ行方不明です。母は離れにいて、奇跡的に助かりました。


その後、彼女とメールのやり取りをしています。
カネヒロ支援へ24000枚のマスクの協力もしてくれました。

18日時点での山下町は、3700人余りの人々が、14の避難所生活を続けており、その周りで車中で生活している人々を含めると5000人。
彼女のお母様はお兄様の角田のアパートでの生活を始めました。


以下25日の彼女のメールです。

現地も生活がスムーズではないので、一段落してから行くことになりそうです。

兄が実家にいって状況確認してくれたのですが、本当に母屋は土台しかのこっていなくて、コンクリートのブロック壁も、庭の木もなーんにもなくなってました。道も敷地の境い目もわからなくなって、母が助かった離れも大幅に改修しないととても住めない。
家の玄関に松の木が突っ込んでいて唖然よ。

母は全く東京に来る気はなくて、元々請け負っていた介護サービスの仕事をボランティアで始めました。地元から離れたくないんだって。
また自由とらいうか、奔放な母は、兄のアパートに住むのは窮屈らしく、一人暮し始めると騒いでます。またまだ心配ではありますが、元気になって少し安心しました。

以下は27日のメールです。

昨日は母仕事休みで、旧角田女子高に設置された遺体安置所にいってみたら、あまりの遺体の多さと遺体の状態がよくない (判別がつく遺体が少ない)ため、家族が遺体が確認できるようになるには、またまだ時間がかかりそうと泣いてました。

自宅跡から遺留品を拾い集め、父の手帳や、父がこっそり寝酒に使用していた盃を見つけて、お父さんの好きな赤ワイン飲ましてあげたいといって泣くんだ。私も号泣してしまいました。
仕事をしていると、張り合いがでるのか元気になるので頑張ってほしい、大事にしようと心から思います。


以上、彼女からのメールをそのまま添付させて頂きました。

信じられない様な現実を目の当たりにした彼女とお母様の心中は、私には計り知れないものだと思います。

けれどそんな中、お母様が介護ボランティアを始められていること、心からホッとすると共に、こちらが勇気付けられた気持ちです。

とにかく皆さんにもお伝えしたく思いました。

長いメールとなりましたが、お読み頂きありがとうございます。


R子
○×△@ezweb.ne.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »