« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月26日 (木)

♪包丁一本~♪で、いわしつみれを作るミッション

何をかくそう、わたくし生意気にも弟子がいるんです。
彼はほとんどこれまで料理というものを知らずに来たようなのですが、


先月うちに遊びに来てくれたときにおもてなしで出した料理を食べてくれて、
ありがたいことに、なんだか料理に目覚めたようなわけなのです。


料理をほとんど知らなかった人が、
いきなり
「オイルサーディンがおいしかったから、作り方を教えてほしい」
なんて言うんです。

かわいいじゃないですかhappy01


でまあ、いろいろと教えているわけなんですが、
彼は本当にいい弟子なのです。
なにがいいって、教えるとすぐに試す。
何事も、上達する人はこうです。
考えずにやる。
私は常々感動しているのです。


で、彼が
「先生、いわしのつみれ汁を作りたいのですが、母がミキサーがないとだめだといいます。
やっぱりミキサーを買った方がいいでしょうか。」
と言うのです。

こちとらドイマザルくん(フードプロセッサー)という強い文明の利器を手に入れたばかり。
悩んでしまった。


ミキサーしかなければ、文句をいいつつもそれを使うだろう。
でもなんとなくお魚をミキサーで砕くのが嫌だなあと思った。
お肉とかお魚用と決めるならいいと思うけどね。


ミキサーは安いからすぐにでも買えるけど、
ほんとはフードプロセッサーがいいんだと言いたいけど、
なんとか余計な出費なしでいろいろ作らせてあげたい・・・


師匠の私は言った。
「包丁一本で作ってみるから待っていなさい(○`・ェ・)ノ」


えっと、結果から言うとめっちゃ簡単でしたhappy02
「待っていなさい(○`・ェ・)ノ」 
などと荘厳なセリフは不必要!
だって初めて、だいたいで作ろうって話だもん(笑)
はははははーだ!


{材料}
1. いわし2尾(スーパーで三枚下ろしと皮むきをしてもらった)
2. しそ2~3枚(made in茨城の義父の畑)
3. おろししょうが(スーパーの刺身コーナーでタダで置いてあるのを一袋使った。もちろん生が良い。)
4. 塩一つまみ
5. (あれば)粉山椒少々

Photo


{作り方}
1. いわし、しそを細かく切る
Photo_2


2. おろし生姜を混ぜてたたく
Photo_3

3. 途中塩一つまみ(あれば粉山椒も)をかけて、さらにたたく
Photo_4


4. 一方、鍋にだし汁をわかしておく
Photo_5


5. 沸騰したらいわしつみれを好きな形にまとめてポンポコ入れるべし
Photo_6


6. 団子と名のつくものは、火が通るとぷかーっと浮いてくる
Photo_7


7. 塩でだいたいの味をつける
  もうちょっとだなというところでしょうゆとみりんで味を整える


8. 今日はお豆腐とミツバがあったので入れました。
  ネギでもなんでも好きなものを入れるがいいわ!
Photo_8


{結果}
うーん!!
なんてふわふわして美味しいんだ!!!
たぶんつなぎが入っていないこと、包丁でたたくことで空気がはいること、
その辺だろなー。


弟子よ、貴方のおかげでいい経験をしました。
ありがとうshine
またなんでも相談しんしゃい!

{注意点}
いわしは足がはやいので、なるべく温かい手で触らないようにする。
作業は手早く。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

あの鶏肉、その後。

夏休みなので」がそのままになっていました。

冷蔵庫で寝かせた鶏肉のその後です。
一回は実家で作ってきたので、これは第二弾。


100818_13540001


こんな風になってます。


開けてみると
100818_13550001


このようになってます。

1. ハーブやスパイスで色が移っているところがあるけど全くドンウォリー。
  このままでは食べにくいので、くっついているものを取り除きます。
100818_13590001


2. これをくるくるラップで巻いて、こんな風にします。
  皮は周りにまんべんなくかぶさっているようにします。
  空気が入らないように注意して、ぎゅ~~~っと巻きます。
  一回巻いたら、さらにあと二回ラップで、三重に巻きます。
100818_14000001


100818_14010001

※これはむね肉二枚分をくっつけてます。
全体の長さが手持ちのお鍋に入る長さにします。
一枚なら大抵のお鍋に入ります。


3. そして鍋にお湯を沸かし、茹でる(蓋あり)


4. はじめ10分茹で(蒸し)、ひっくり返して5~6分熱する。
  鶏肉は火が通りにくいので、不安なら少々長めに熱を通します。
100818_15160001


5. 時間になったら火を止めて、5~10分くらいおきます。
  そのあと鍋から取り出し、荒熱を取ります。
100818_15170001

さーて、切ってみるか!
100818_15430002


脂っこくなくて、それでいて水分たっぷりにできました^^
味も香りもしっかり。
パンに挟んだり、サラダにつかったり、そのままつまみにするもよし、
パスタの具にもいいかな。
うんうん。


<おまけ>
上の方に、器に入った黄金色の液体が見えましたか?
これは荒熱を取っている間にラップの中に溜まった肉汁です。

なんだかもったいないので、たれにすることにしました。

肉汁と同じくらいのしょうゆ、その半分くらいのみりん、砂糖少々を鍋に入れ、熱する。
(肉汁:しょうゆ:みりん=2:2:1)

以上っす!


※反省点
 二枚くっつける意味はまったくなかった。
 むしろ一枚ずつ二本作った方が火の通りも良いらしい。

☆出来上がり☆
100818_220800010001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

いろいろできました。

休みっていいねclover

先ほどの生チョコがどうやらなかなかいい感じにできてまいりました。
100812_22430001


こりゃいいわ。
だってほんとに死ぬほど簡単だし、味はお店で売ってるのと遜色ないし、
なにしろ安上がりでいっぱいできる。

板チョコ4枚と生クリーム100mlで1cm各の生チョコキューブ54ケもできちゃう。


それはそうと、夢が突然叶ってしまった!!

思い返せば21歳の夏。。
デンマークで初めて食べたレバーペーストの衝撃。
美味しすぎて毎日毎日約一か月食べたレバーペースト。
帰国したら必ず作ると心に決めたものの、
レシピをなくし、さらにフードプロセッサという壁(学生に買えるものじゃなかったし、当時ずっと高価だった。)。


でも今は違う・・・


フードプロセッサもあるし、レシピだってわかる。


生チョコ冷やしてる間に作ったろかヽ(*≧ε≦*)φ


ということで・・・
できた!!!
100812_22440001_2

瓶に二つ。
長年の夢がたっぷり入ってるclover


感無量であります( ´;ω;`)ブワッ
手作りのレバーペースト。。。
めっちゃおいしい・・・


我が家に来てくれたフードプロセッサの「ドイ・マザル」くん。

これからもよろしくたのむでしかしヽ(*≧ε≦*)φ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

頭がどうかして、お菓子をつくってしまう。

自分があんまり間食をしないので、お菓子作りはあまり興味がありません。
でも、あまりに暑いと頭が変になって、

「帰省するから、母に生チョコでもつくってみっか!」

なんてことを考えるウィルスが脳に侵入してきました。
恐ろしいことです。

で、なんで生チョコなのかというと、
めっちゃ簡単そうだからです。
分量は

「チョコ :生クリーム=2:1」

カンターンw(゚o゚)w!


1. 板チョコ(何でも良い)を3枚半、ポキポキ耐熱ボウルへ。
100812_16580001


2. 電子レンジで2分(蓋なし)


3. 2を取り出し、生クリーム100ml(最近は200mlの半分のが売っている)をin。
100812_17030001


100812_17050001


4. そいつをさらに電子レンジで2分加熱。

5. 取り出してゴムべらでまぜる。
  (うちにチョコレートリキュールがあったので少量いれてみる。)

7. 容器にクッキングペーパーを敷き、そこへ6を流し込む。
100812_17100001


100812_17160001


8. 冷蔵庫へ。


あとは冷蔵庫がうまくやってくれて、最後にココアパウダーをぶっかけると。


まったく、普段やらないことをやると気がつくよねー。

「ゴムべら、ないなあ・・・あ、ご飯のしゃもじでいいや!」
「バットとかないしなー、容器容器・・・・・あ、揖保の糸(そうめん)の容器がぴったりじゃん!」


これがまた、揖保の糸の容器がピッタリだったんだよね(ノ∀`)・゚・。
おじさんにもできる生チョコ講座!


出来上がりが楽しみですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突然現れた憧れの人

心の準備が整わぬまま、ずっと月日が流れました。


あなたに出会う日は来るのか来ないのか…


あなたがいれば、レバーペーストが作れるのに…

あなたがいれば、不便なミキサーを使わずに済むのに。
比重の重い食材は底のとこに溜まって落ちてこないんだ、あれちょっとしたストレス…cloud

あなたがいれば…

あなたがいれば…


そんな日々が何年続いただろう。

昨日突然届いた大きな箱present


中にあなたが!!


そう!
フードプロセッサー!!!!!!!!!!!!!!

突然現れた憧れの人

どーーーーーん!!!

良人(おっと)が突然贈ってくれたのであった( ̄□ ̄;)!!


頭の中はバベルの塔がアレしたさながらの大混乱!!


訳のわからない言葉を発し、部屋を動き回る。


あ"ーーーーーーーー(´・ω・`)

うれしーーーーーーーo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪o(^^o)(o^^)o(*^o^)乂(^-^*)


説明書をみると、
・おろし
・千切り
・スライス
などの基本的機能、
・パンやパイ、ピザや餃子の皮など生地作り
・挽き肉
も作れる。


挽き肉を家で!!
素敵すぎるlovely

まずは長年作りたかったレバーペースト!
美味しいレバーペーストを作ろーhappy02

良人に心からありがとう!!

人生礼讃fujifujifuji!!


※彼を名付けてみました。
  「ドイ・マザル」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

夏休みなので

作ったことがないものを作ってみる。

1.鶏むね肉にハーブソルトを塗りこむ。
 普段はクレイジーソルトが好きだけど、今日は気まぐれで買ってみたHouseの「香りソルト イタリアンハーブミックス」使用。

1


2.皮は剥いで、今後どうするか後に雰囲気で決めようということで、一応ハーブソルトを塗りこむ。

Photo


3.蜂蜜を全体に塗る。
 スプーンはオヴちんにもらったプリティースプーン使用。

Photo_2


4.スパイスは手持ちのもの使用。
 ローズマリー、ローリエ、ブラックペッパー。

Photo_3


5.ジップロックに入れて。明後日の朝くらいまで寝てなさい。

Photo_4


これがどうなるかはまた後日ご報告しましゅ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »