« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

ナマFriedPride

Fp


サイコーだった。

ラストワルツは満員。
知り合いのミュージシャンが両手両足の指で足りないくらい。

なぜかシホちゃんより横田さんのギターばかり見てしまう。
横田さんは ロバート・デ・ニーロに激似だ。


うまく言えないけど、ほんとに感動。


終わってからすま虎夫妻と飲んだお酒は最高な美酒だった。


演奏後の美酒もステキだけど、
もらった感動で飲む美酒も素晴らしく美味しい。

聴いた人に美酒を飲ませる演奏者はもっとすごいな。

マイケル・ジャクソン「BAD」
ショパン「夜想曲」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

茨城名物「紅まさり」

甘いものを好んで食べようとしない傾向にあるわたくし。
キライなわけではなくて、
特別欲しないのと、間食の習慣がないため。

美味しいかどうかはわかりますよ。
お友達とゆっくりお茶とおしゃべりの時間があるなら全然やぶさかでないです。
ただ、普段ご飯を美味しく食べるためには間食が日常的にあまり必要でないこと、
酒飲みで辛党であること、
いろいろおかずが欲しいので、甘いものでお腹が膨れるとさみしい、


そんなこんなで扱いがわからないのです。
甘党のみなさん、理解していただけるでしょうか?

先日新しい父母のおうちに一泊お邪魔してきたのですが、
朝食卓に座ると
「sawaちゃん(仮名)、ちょっとこれ食べてみて」
と言われたのが出会いだった。


噂には聞いていた、焼き芋用のさつまいも「紅まさり」。
の、やきいもさんだ。

2センチほど輪切りにしておずおずと口に運ぶと・・・・

なんだこれは━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!!!!!!!

こんなサツマイモたべたことない!!
なんというか、
サツマイモの上等なお菓子があるとするでしょ?
それが焼いただけでできちゃったみたいな。


これがその、紅まさりの焼き芋!


Photo

こんなブログも発見。
美味しいだろうけど焼くだけでいい。
手を加えたからとて点数は上がらない。
焼いただけで完成形なのです。


蜜がたっぷり入っちゃって、
サツマイモとあまり親交を図ったことのない私も大感激。


また、ふかしいも、天ぷらや大学芋に適した紅あずまという品種もあり、
両方戴いてきたのですが。。。

大変悩んでいます。
さつまいもってどのタイミングで食べればいいんですか??


ここへ来てまた牛が羨ましいぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

市販されている食べ物を信頼したい

ああ・・・ショック。
テンション下がりきるこんなニュース・・・
人間が同じ人間になぜこんなヒドイことができるんだろう。

家族や恋人や友人に食べさせられないような、
食べ物といえないようなものを、
どうして食べ物として世間に売ることができるんだろう。

気をつけて注意して買い物しても、騙されている可能性を危惧しなければいけないなんて、
本当にいやなことだ。

この記事だけ見たら、海外に行く機会があったとしても中国はやめとこうとは思ったが、
中国だけが悪いとは決して言わない。

食べものを売る人は、
それらが子供の口に入る時のことを考えて欲しい。

とても悲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

はんこ

いろいろと住所変更やら名前変更やら、結構大変。

携帯とか自動車保険、保険証、住民票、このへんはやったけどね、

入院保険の証書とか送らなきゃならないけど、どこに入ったか分からないし、
銀行だってひとつじゃないし、
運転免許証もやんなきゃだし、
クレジットカードもやんなきゃだし、


で、今日銀行に用事がてら聞いてみたら、印鑑ね。
印鑑が必要なわけです。
新しい名字のやつ。


印鑑を買うことなんか考えたこともなかったんだけど、
世の中印鑑って妙な感じがするんだよね。
もちろん売るものだから良いもの悪いもの、高級品粗悪品、あってしかるべきではありますが。

印鑑で開運、とかそういったこと。

なんで?


ネットで買おうと思って見ていたら、まーピンキリ。

90万て。


男性用ってなんだ。

はたまたこんなのもあるわけで。
この値段で10年も保証してくれるの??


印鑑て何か特別なもんなのかね。
いんちき商売の仲間ってイメージもあるんだけど、歴史があるからなんらかの意味はあるんだろね。
まあ家の名前だし、家内安全とか?


でもなんかお金の匂いプンプンなような気がする。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »