« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

有名人に似ている

例えば私の知人に、あやや似のピアニストさんがいるが、
『あややにクリソツですね~』
と悩まず言える。

亡くなった大叔父はビル・エバンス似の眼科医だったが、生きていたら必ず伝えただろう。

世にいうイケメンや美人、アイドルなら、相手がその人を好きか嫌いかあまり気にせず言える。

微妙な場合。
伝えたいけど伝えられない煩悶。。


これが、あからさまに喜ばれまいという場合なら諦めもつくよ。
言いたいけど言わない方が無難…という場合、すごく胸がモヤモヤするcloud


最近行った焼き鳥屋のお客のおじさんは、一目見て
『火野正平にクリソツ(≧▽≦)!!』
と心がはじけたが、

…言えない。

気を取り直してカウンターのママさんを見ると、
『むむ…宮本信子に似ている…』

…言えない。

職場の若い女の子は、フェリーニの名画
『道』
のジェルソミーナに劇的に似ていた。
白痴で純粋な娘役・・・


…言えない。

やはり職場に宅間伸そっくりの18歳がいた。

…言えない。


友人の会社の渋い上司は、渋くてかっこいい、いかりや長介に似ていた。

…言えない。

この境目は難しいね。


火野正平をかっこいいと見るか、
エロ入道と見るか。


宮本信子をキリリとした演技派女優と見るか、
ベテランと見るか。


ジェルソミーナを可愛くみるか、
白痴と見るか。


宅間伸をタフな刑事(デカ)と見るか、
健康な食用油が必要と見るか。


いかりや長介を超渋いベースマンと見るか、くちびると見るか。

この煩悶は、行き場なく終わらないであろう…


多分死ぬまで(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

メガネを忘れた

週末実家に帰ってまた忘れ物をたんまりしてきた。


めがねやコンタクトのケースや保存液も忘れた。
驚くべきことに、カートつきのトランクをそのまま忘れた。
従って、着替え一式全部忘れた。


忘れっぽいのは母譲りで、母もまたしょっちゅう激しく忘れ物をする。
携帯は携帯しないし、関係ないものを持って来て肝心なものを忘れる。
そしてあまり学習しない。
だから、母に忘れ物の注意をされるとイラっときます(笑)


土曜日実家に帰って、夜飲みながら父母とさらっと話をしたけど、
なんだかその「さらっと」感が沁みるような気がしたなあ。

日曜日着物を着た。
着物は振袖。
「最後の振袖だねえ」
と言われてちょっとビビル。
もう着ちゃいかんかなあ・・・


夜、市役所の夜警室で名字が変わった。


それを考えてずいぶん夜泣きした。
花嫁御陵がなぜ泣くのかわかってしまった。


本質はかわらない。
私の生き方が少し変わるってことなのかもしれない。
それは私が望んで決めたことだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »