« お年賀のご挨拶 | トップページ | お正月読書シリーズ2 »

2009年1月 5日 (月)

お正月読書シリーズ

残虐記 (新潮文庫)Book残虐記 (新潮文庫)

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新潟県で起こった少女監禁事件をモチーフにした作品。

小説家になった主人公にいきなり届けられた加害者(監禁者)の手紙。
物語はここから始まる。

『私のことはゆるしてくれなくてもいいです。私も先生をゆるさないと思います。』

手紙の締めくくりに書かれた一文の真意と、それにまつわる二人の関係性が見え隠れする。

そのあたりが非常に読ませる作品でした。

|

« お年賀のご挨拶 | トップページ | お正月読書シリーズ2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/26824360

この記事へのトラックバック一覧です: お正月読書シリーズ:

« お年賀のご挨拶 | トップページ | お正月読書シリーズ2 »