« ミルクのかぼちゃ煮 | トップページ | 醤油さし »

2009年1月23日 (金)

懐かしい目玉焼き

食べ物続きます。


ふと思い出しました。


私が子どもの頃、父親がどこかのホテルの朝食で食べたとかで覚えてきて、たまに作ってくれました。


1.フライパンに油を熱し、卵と笹かまを焼く。(ベーコンやハムの代わりに笹かま。)


2.焼き面が焼けたらひっくり返してターンオーバーにする。

※この時フライ返しなどで卵を持ち上げながら、少し油を足して熱してから裏面を焼くとくっつかない。


3.黄身の焼き加減が好きな感じになったら醤油をかけて、手早くまたひっくり返しす。
(両面の醤油に軽く火を通す感じ)

出来上がり。

笹かまの甘みと焼いた醤油の香ばしさが懐かしい、朝食メニューでした。

|

« ミルクのかぼちゃ煮 | トップページ | 醤油さし »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

>あおいさん
ほとんどしないよ。
ささかまターンオーバー目玉と、簡単お好み焼きだけ。

お好み焼きは、トロトロに溶いた小麦粉に干しエビとネギと紅生姜を入れてフライパンでカリッと焼いて醤油を垂らすだけ。

手法は同じやね(笑)

投稿: sawara | 2009年1月23日 (金) 23時46分

へー sawaパパ お料理するんだね。
ちょっと意外でした。
(^-^)

投稿: あおい | 2009年1月23日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/27397289

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい目玉焼き:

« ミルクのかぼちゃ煮 | トップページ | 醤油さし »