« 『生きるとはつまり、 | トップページ | ブログ誕生1年経ってました »

2008年10月 9日 (木)

村上春樹初登場

高級デパート宝石売場勤務の美人妻がある日姿を消す。


『ねじまき鳥のクロニクル』みたいだけどそういう類ではなく、
心理的にしんしんと恐ろしい物語だった。


しかしなぜ村上春樹が主演男優なんだろう(笑)

緒方拳氏が亡くなったそうですね。
またかっこいい男優さんが世を去り、とても寂しいです。


さくら観光の車窓から、でした。

Bookねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Bookねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Bookねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三部作長編。
村上作品はこれ以降読んでいません。
私にとってそれほど衝撃的な作品でした。
ある日妻がいなくなるところから物語は始まる。
人々の秘密、赤裸々な事実、冒険、暴力、それにまつわるクロニクル。
氏の作品は全て緻密だが、おそらくここまで時間をかけて練り上げた長編作品はないのではないか。
本人には聞けないけど・・・

|

« 『生きるとはつまり、 | トップページ | ブログ誕生1年経ってました »

」カテゴリの記事

コメント

>こりぃさん
ボリス怖い怖い(@_@)
ねじまきは春樹作品でも自分的にベスト3に入ります。
そしてこりぃさん、あなたは私の知人ですか??

投稿: sawara | 2008年10月11日 (土) 09時44分

ねじまきはスゴいっすよねsign01皮剥ぎボリス怖いsign01(笑)

投稿: こりぃ | 2008年10月10日 (金) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/24381248

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹初登場:

« 『生きるとはつまり、 | トップページ | ブログ誕生1年経ってました »