« アクセス解析 | トップページ | 今は春ですか? »

2008年5月16日 (金)

唐獅子の夢

高校時代、こんな夢をみた。


学校をさぼって悩んでいた。
平安時代の貴族のそれのような、広大な庭園を眺めている。
私はこれまた素晴らしい日本間の縁側にいる。

広く穏やかな美しい池の向こうに、姿のいい松が並んでいる。

するとそこには、一対の唐獅子が、ゆったりと歩いていた。

夢の中で
『救われた』
と思って涙を流した。

こんな夢は、それが最初で最後だ。

唐獅子よ、また私に姿を見せてください。

何度となく願ったが、未だかなわない。

私があの世にいくときに、また会えたらいいと思っている。

あのときの一対の唐獅子がお迎えにきてくれたなら、
私の人生はきっと良い人生だったのだと。

|

« アクセス解析 | トップページ | 今は春ですか? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/20976244

この記事へのトラックバック一覧です: 唐獅子の夢:

« アクセス解析 | トップページ | 今は春ですか? »