« 君がいないと生きてはいけまい | トップページ | 興奮しmath »

2007年10月24日 (水)

秋の食卓 その2

今年はとても恵まれています。

「イノハナ」っていうキノコをご存知ですか?
真っ黒いキノコ。

なんでイノハナっていうのかな?
「猪鼻」かな?


戴きまして干しました。
Ca3503210001

母に電話して干し方を教えてもらいました。

いやー、針を布以外のものに通すのは初めてです。
キノコに針を刺すってちょっと新鮮です^^

3日干したらすっかり乾いてちっちゃくなりました。

それを戻してイノハナご飯を作りました。
なかなかお店では食べられない貴重なもんです。
ちゅーことで、またご飯少な目で炊いてみました。

Ca35032700010001

しかしね、外に出したり中に入れたりせっせと3日干して、すぐに戻す。
ヘンな気分でした。


そして美味しく戴きました♪


しかーし!!
これで秋の味覚シリーズは終わらない!!


おほほほ。
またアップするよーん!

|

« 君がいないと生きてはいけまい | トップページ | 興奮しmath »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

>たっきぃさま
香茸ですか。
本当にすごく芳しいキノコですね!
夜間部屋に入れて干していると部屋中がイノハナの香りで幸せでした。

しかし『祝言』て!!
これから結婚式のことを祝言と呼びたくなりました(笑)

>hiroちん
椎茸も干すとビタミンDだったかなんだったかが増えるとかなんか、ありますね。
どーゆーわけか、干さないとだめなそうです。
ご飯にしたら香りを食べているみたいでした^^

投稿: sawara | 2007年10月25日 (木) 01時30分

美味しそうですねwww
生より
干したら美味しくなるのですか?

秋の味覚シリーズ楽しみにしちょります(^^)v

投稿: hiro | 2007年10月24日 (水) 22時15分

「イノハナ」またの名を「香茸」とも言うそうで、あの強烈な香りは他に類が無くその上味も上質です。
 しかも、マツタケ同様になかなか手に入ることが難しく、貴重なきのこですよ。

とある地方では、水で戻してから甘く煮たものを祝言などに出す風習があるそうです。
また、調理しているときに手がつるつるになることから、化粧品としても珍重されていたとか・・・。
これで、sawaraさんも「香茸美人」ってね!

投稿: たっきぃ | 2007年10月24日 (水) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478368/8587124

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の食卓 その2:

« 君がいないと生きてはいけまい | トップページ | 興奮しmath »